気になる事件、ニュース

恩赦とはなにかわかりやすく説明!なぜ必要?海外にもある?

令和天皇の即位の日である10月22日が間近になってきました。

そんな、皇族の方のおめでたいことがあるときに話題になるのが「恩赦(おんしゃ)」

今回の令和天皇の即位でも即位恩赦が行われることがきまりました。

そもそも恩赦ってなに?なんのためにあるの?海外でもあるの?と、恩赦についての疑問をわかりやすく説明します。





恩赦ってなにかわかりやすく説明!

一番わかりやすく言うと、「有罪の判決をうけた人の罪を変更(軽減)」すること、です。

だから、

「自然災害の被害で苦しんでいる人の税金を恩赦で免除してくれたらいいのに」

「奨学金の返済を恩赦で免除して」

というのはそもそもまちがいです。あくまで恩赦で得をするのは罪を犯した犯罪者、ということになります。

恩赦にも種類と方法があるよ

恩赦といっても実は種類が5つもあります。

①大赦(たいしゃ)

「〇〇罪の人の罪は免除」といっせいに行うこと。有罪じゃなくなって、釈放されたりもします。

②特赦(とくしゃ)

個人ごとにその人の有罪判決について審査し、罪の取り消しや釈放したりします。

③減刑(げんけい)

懲役期間や執行猶予の期間を短くします。

④刑の執行の免除

懲役刑が決まっている人の執行をとりやめます。

⑤復権(ふっけん)

資格を失っている人の資格を回復させること。例えば、公職選挙法違反で選挙権も被選挙権も失った人が復権によって選挙に投票することも立候補することもできるようになります。

あとは、交通違反をして罰金を払った人の「罰金刑を受けたという記録」が消えます。

罰金が戻ってくることはないです。ちなみに、免許取り消しや違反点数がなくなることもありません。(これらは行政処分なので。)

次に、恩赦の方法ですが、

①政令恩赦

②個別恩赦

というものがあります。今回の即位恩赦は①にあたります。

政令(内閣の命令)で、「この犯罪に該当した人はみんな罪を軽くするよー」と決めてしまうのです。

実はあまり知られていませんが②の個別恩赦というのも毎年100人近く行われているようです。こちらは中央更生保護審査会というところが個別に審査します。





令和天皇の即位で行われるのは政令恩赦の復権のみ。55万人だって!

今回の恩赦で犯罪者が罪を償わずに刑務所から出てくるんじゃないの?って心配になりますよね。

今回の恩赦ではそのような恩赦は行われません。「復権」のみが恩赦として行われます。

過去には死刑囚が無期懲役になったり、なんて、ことも昔は行われていたようです。

でも、近年の恩赦では軽くて、被害者のいない犯罪(公職選挙法違反や交通違反の中でも軽いもの)に限定されているみたいです。

ですから、恩赦で殺人犯が刑務所から出てきてうろついている、みたいなことは起こりませんのでご安心を。

ただ、軽い罪とはいえ、犯罪を犯して、本来資格を回復できない人が、たまたま天皇即位の時期と重なって復権できるって、なんだか不公平な気がしますよね。

なぜ恩赦なんてあるの?必要性がわからない

やっぱり気になるのは、恩赦なんて制度いらないんじゃないの、ということですよね。みんな平等に犯罪を犯したら罪をつぐなうべきって思いませんか。

 

ツイッター上でも恩赦反対の声がとっても多いです。私も個人的には恩赦なんていらないと思います。

法務省は、恩赦の役割をこうとらえています。

・有罪が言い渡された当時と比べ、社会情勢や事情、法令が大きく変化した場合の救済策。例えば、両親殺しに対する刑罰は尊属殺人罪として死刑か無期懲役しか選択できない時代もあったが、1973年に最高裁が違憲としたため、尊属殺人罪による受刑者は恩赦で救済された。

・ 重病の受刑者や重い精神障害の受刑者、えん罪が疑われる受刑者らに対する救済策。

・ 強い改悛の情を示したとみなされる長期の受刑者に対する救済策。

有罪と一度決まったら取り消せないから、確かに時代にあっていない罪で刑務所に入った人には恩赦はいいのかもしれません。でも、当時の法律で考えると違法なことをしたのに・・・。

3つ目の、「恩赦があるかもしれないからマジメに刑務所で過ごそう」って、これは時代錯誤だと思います。





海外でも恩赦はある?

海外でもこのような恩赦は行われているのかしらべました。ヨーロッパ諸国ではあまり行われていないみたいです。

海外の中でも、大統領の権限で恩赦を行いまくっている国をご紹介します。

アメリカ合衆国

大統領権限で、刑の執行停止や、囚人を完全に無罪放免にすることもできます。

人気海外ドラマ「24-twenty four-」でも、テロ組織の一員が、情報を渡す代わりに大統領恩赦を求める場面がよく出てきました。

えー、こんな犯罪者を無罪放免しちゃっていいの?ドラマだから?って思っていましたが、アメリカ大統領は実際にする権限があるのです。

ちなみに、毎年感謝祭ではアメリカ大統領は七面鳥に恩赦を与える、という伝統があるそうです。意味わからん。

韓国

こちらも大統領権限で大規模な恩赦が行われます。

大統領就任日(2月)や独立運動記念日(3月1日)、解放記念日(8月15日)などの慶祝日に合わせて行われるが、クリスマス(12月25日)にも実施される場合もあるんですって。

軽い犯罪も対象になるので、100万人規模の恩赦もあり、民主主義になってから今まで、国民の6割以上が恩恵を受けてる計算になるそうです。ちょっと考えられないですよね。

しかも、韓国は大統領が逮捕されることもありますが、終身刑などになっていても、いつの間にか特赦で刑務所から出てきたり、ということもあるみたいです。

恩赦はすでに時代遅れ?恩赦の必要性について考えるべき

時代遅れで必要ないと大半の人が考えている恩赦。

即位恩赦、54%が反対-時事世論調査

こうやって議論が広がることはいいことだと思います。感情的に「犯罪者、危険、恩赦反対!」というのではなく、恩赦という制度を知って日本に必要なのか必要でないのか考えていきたいですね!