ハーフマラソンにむけて

ハーフマラソンに向けて始動。練習計画と目標タイムを考える

10キロマラソンを無事終えて、次の目標は6月のハーフマラソン。6月と言っても一週目なので、もう2か月ちょっとしか時間がありません。ランニング本を参考にこれからの練習計画を立てました。

ハーフマラソンまで2か月。練習計画を立てる

ここまで走ったことのある距離はこの前の10キロマラソンの時の10キロが最長。今回はその倍以上の21.097キロを走らなくてはなりません。しかも今回は遠征。山形県まで行きます。旅行がてら夫も応援に来てくれます。関門(制限時間内にそこを通らなければ失格という恐ろしいもの)もあります。何が何でもゴールしなくては。2か月間の練習はこんな感じで進めていきました。

4月 5月

平日(2~3日)

・30分ランニング

・5分ウォーキング+30分ランニング+5分ランニング

・40分ランニング

・5キロ走(キロ6分30秒)

休日(土、日のどちらか) 60分ランニング 10キロ走(キロ6分30秒)

基本的にはこんな感じです。困ったことに、4月、5月になると暖かくなってきますよね。それまでは仕事に行く前に走っていたのですが、走り終わると汗だく。そのあとシャワー、朝ご飯の用意、仕事に行く準備としていましたが、汗は止まらないし、職場に着いた時には軽く疲れてる。

ですから仕事から帰って夕方か夜に走ることにしました。そうすると予定があったり、出かけたりと思うように走れない日も出てきました。曜日で予定を決めずに、平日は3回、休日は1回走ろう、というような感じで練習をしていました。

目標タイムはどうする?

今までの練習は〇〇分走る、という目標でやっていました。ランニング本に「距離ベースで計画を立てると早く終わらそうとしてハイペースになるので時間ベースで計画を立てましょう」とあったので。でも、次のハーフマラソンは制限時間が2時間30分。ある程度ペースを決めて練習する必要があります。

私の場合、普段はキロ7分。キロ7分だと、ハーフを走るのは2時間30分ギリギリ。関門でひっかかってしまう可能性もあります。この前の10キロマラソンではキロ6分。キロ6分で走れたら2時間ちょっとでハーフ完走できますが、でもこれはだいぶ無理していました。あのペースで21キロも走るのは無理がありそうです。間を取って、キロ6分30秒で走るとハーフは2時間20分以内で走れる計算になります。今回のハーフはキロ6分30秒、ハーフ2時間20分で走るのを目標にします。それと同時に、周りのペースが速くても自分のキロ6分30秒のペースを守ることももう一つ目標にしました。