フルマラソンにむけて

GPS付きランニングウォッチがあれば練習が楽しくなる

ランニング、しかもフルマラソンを目指すとなると、ペースや距離を計ったりして練習するのが大事です。今では、無料のアプリもたくさんあって、自分のランニングペースや走ったルート、ランニング記録を残すこともできます。

でも、そんななか、あえて、ランニングに特化したGPSウォッチを購入しました!

なぜGPSウォッチを買ったのか

無料アプリがあるのになぜあえてGPSウォッチを買ったのか。しかも今まで買ったランニンググッズの中でいちばん高い!理由は簡単です。走ってる時にスマホ、見づらいです。

走り慣れてるコースならまだ分かりますが、この辺で何キロかな、と思うたびにスマホをポーチから取り出すのは手間です。今、キロ何分で走ってるのか、そのへんを体感できるようになるまでは頻繁に確認してペースが速すぎる、遅すぎる、と調整する必要があります。これもスマホで確認するのは不便です。

また、スマホのアプリを使ってたらGPSが動いてるので電池の減りがすっごく早いです。フルマラソンをスマホアプリで計測したいと思っても走ってる途中で電池切れ、ラン後に写真撮りたいと思っても電池切れ、なんて悲しいですよね。せっかくだから記録は全て残したい。

そういったことを解消するために、ハーフマラソンまで完走して、いざフルマラソンだというこのタイミングでGPSウォッチを思い切って購入しました!

買ったのはガーミン。ストレスフリーのランニングへ

候補はいろいろあったのですが、結局買ったのはガーミン902です。電池の持ちと軽さと価格のバランスがよかったです。最近は心拍数を測る時計も結構ありますが、当時は心拍数付きはさらに1万円くらい高かったので、断念しました。

つけるとこんな感じ。軽いので全く負担になりません。ベルトがメッシュで汗が気にならないところもいい!

買って、年齢、体重などを設定し、アプリをダウンロードします。と言っても、アプリは日々のランニング記録を管理するもの。ランニング中はウォッチですべて確認できるので、開く必要はありません。

使っていて気になるとことと言えば、スタート前のGPSのキャッチに多少時間がかかるところ。調子が悪い時は5分くらいかかります。まあ、早めに電源をONにして、ストレッチなどしていると、スタンバイOKになるので特にストレスにはなりません。

ランニング中にペース、距離、歩数、カロリーなど一目で確認できます。インターバル走(速く走るのとゆっくり走るのを繰り返す)も簡単です。あと、1キロごとにウォッチが振動&音で教えてくれます。これ、意外と便利です。

ランニング後はパソコンにガーミンをつなげば、ランニングの距離、走った経路など、すべての情報を見ることができます。カレンダー内に走った記録が増えてくるとモチベーションも上がります。と、同時に充電もできます。フル充電から7時間以上はもちます。7時間あればフルマラソン1回分は十分にカバーできるので安心です。

フルマラソンに向けて買った、強い味方のGPSウォッチ、ガーミン902を紹介しました。トータルで考えると、買ってよかった!もっと早く、ハーフマラソンの前に買えば、さくらんぼマラソンの記録も残せたのに、と思うと残念です。アプリで十分、と思っている方にこそおすすめしたいランニンググッズです。